ホーム > ガイド > Kindle Fireバッテリ長持ちのヒント

Kindle Fireバッテリー長持ちのヒント

Kindle Fireバッテリ長持ち

Kindle Fireはとても人気がある電子書籍用端末とタブレットです。Kindle PaperwhiteやKindle Voyageなどの専用リーダーと比べて、Kindle fireははるかに多くの機能を持っています。例えば、ゲームアプリや音楽、動画など。

しかし、これらの機能はfireのバッテリー寿命を短くします。Paperwhiteは1週間ほど連続で使えますが、Fireなら「10時間ほど連続で映像やインターネット、音楽、読書を楽しむことができます」。

電子書籍を読んだり、ゲームをプレイしたり、低バッテリで充電警告が出ること、あなたがきっと落ち込んでいます。だから、長時間の利用のためのバッテリ寿命を長持ちさせることが重要になります。本文で紹介したいくつかのヒントを利用することで、バッテリーを大幅に節約できます!

  1. バッテリー残量を表示

設定–「端末オプション」–「バッテリー残量を数値で表示」を「オン」にする。

バッテリー残量の表示

  1. 消費電力の管理

「消費電力管理」の画面で「Smart Suspend」を「オン」にしてください。

Smart Suspend

Fireを使用していないときにWi-Fiへの接続を切断してバッテリーの消費を節約することができます。

  1. 画面の明るさを低く設定

設定–「ディスプレイとサウンド」–「画面の明るさ」をできるだけ低く抑えます。

decrease brightness

加えて

「明るさを自動調整」を「オン」にすることでバッテリーの節約もできます。

  1. Wi-Fi接続を解除

wifi接続解除

設定–「ワイヤレスとVPN」–「機内モード」を「オン」にします(WifiおよびBluetooth機能がオフになります)。

  1. おやすみモード

おやすみモード

設定–「通知とおやすみモード」–「おやすみモード」を「オン」にします。

加えて

「毎日指定した時間におやすみモードを有効にする」または「特定の操作中におやすみモードを有効にする」ことでもバッテリーの節約が可能です。

  1. 画面スリープ時間の設定

画面スリープ時間

設定–「ディスプレイとサウンド」–「画面スリープ」で時間を設定。個人はデフォルトの「5分」にしたほうがいいと思います。

  1. アプリの通知をオフ

アプリ通知をオフ

設定–「通知とおやすみモード」–「アプリによる通知方法を選択」の一覧からアプリを選択して通知を「オフ」にしてください。

  1. アプリの終了

アプリの利用が完了する場合では、アプリを終了することを忘れないでください。これらのアプリがバッテリーを消耗していきます。

  1. Kindle fireを再起動

  1. 利用時充電

  1. ヘッドフォンを使用