ホーム > ガイド > 同じKindle本を複数の端末で読むための方法

同じKindle本を複数の端末で読むための方法

000

Kindle専用リーダー、Kindle Fireのほか、iPhoneやiPad、Nexus 7、Blackberryなどの多くの端末で同じKindle本を読むこと、可能なのでしょうか。

答えはもちろん“ハイ”です。

ここで、Amazonストアから購入の一つのKindle本を複数の端末で読む方法をまとめてみました。

1.自分のアカウントで別端末への配信

2.家族でアカウントを共有

3.Kindle本制限の解除

4..Kindle本転送

方法1:同一のアカウントで別端末への配信

Kindleストアを利用するには、Amazonアカウントが必要です。そして、Amazon.co.jpのストアでご購入いただいたコンテンツについては、購入時に利用したアカウントでのみご利用いただけます。そのため、同一のアカウントに登録されているKindle端末、Kindleアプリ間であれば、同じ本を複数の端末で読むことができます。

自分のアカウントを作成してから、本の購入とダウンロードができます。KindleストアのKindle本詳細ページから「1-Click で今すぐ買う」ボタンを選択します。登録済みのKindle端末が複数ある場合、最初にKindle本を配信する端末を選択する必要があります。

001

決済が完了すると、購入したKindle本は指定した端末に自動配信されます。Kindle端末でアカウントを登録すると、またAndroid、iPad、iPhoneで(自動配信先の)Kindleアプリを起動すると、ダウンロードが始まります。

002

自動配信先以外の別端末へKindle本を配信する場合は、Kindleストアの「My Kindle」→「本」→「アクション」→「端末に配信する」を選択し、端末を指定します。

003

複数端末での読書

複数の端末に同じKindle本が配信済みの場合、読んでいるページが同期(位置No.)されます。グラウドにもしおりの情報がアップロードされるので、同じアカウントを設定した他の端末で同じ書籍を開くと、そのまま続きを読むことができます。

004

ご注意:Amazonアカウントは複数の端末に設定できますが、標準では、1つのコンテンツは1アカウントにつき6台までDL可能になっているはずです

方法2:アカウントの共有

家族一人ずつ端末を持たせて、買った本は家族中にだれでもどの端末からも見られるために、アカウントの共有という方法をお勧めします。だから、家族で共有アカウントを作って、一人が共有アカウントでKindle本を購入してから、各自の端末でこのアカウントを登録すると、買った本が誰でも見られます。

Kindle本のシェア/共有する方法

方法3:DRM制限の解除

実は、Kindle電子書籍はKindle DRM(デジタル著作権管理)で保護されています。それに、Kindle本が独自の形式、azw3、azw、mobi、prcを持っています。Kindle本がKindle端末とKindleアプリでしか読められません。Kindleを持って、iPad、iPhoneも所持して、この三つの端末でKindle本を読むためには各自のアプリのインストールが必要です。これは本当に手数がかかります。だから、ここでDRM制限という方法をおススメします。そうすると、Kindle本がKindle端末で問題なく、Kindle以外の端末でも読めるようになります。

究極ソフトをインストールします。

それから、購入したKindleファイルを端末からソフトへ追加してください。続き、KindleのKSNまたAndroidのPIDsを入力してください。

005

最新情報:

1. 最新バージョンのソフトは自動的にKindle専用リーダーでダウンロードしたKindle本を読み取ることができます。DRMの解除するにはKSNの入力が必要ではありません。

最新バージョン

2. Kindle for PCで同期したKindle本なら、DRMの解除がとても簡単です。詳しい情報をKindle本のDRMを解除する方法という文章をご参考いただければ幸いです。

最後に、出力形式また出力端末をご指定し、変換のボタンをクリックすると、変換開始。出力フォルダに変換完成されたファイルを手元の端末へ転送すれば完了です。

006

方法4:Kindle本転送

 

この「Kindle転送」ツールはKindle本をKindle/Kobo端末へ転送することができます。転送後の書籍がこれらのデバイスで問題なく読めます。

Kindle 転送でKindle本を転送

ここで終わります。お疲れ様。